> > 甲南大学の公募制推薦入試

甲南大学の公募制推薦入試

甲南大学の公募制推薦入試

比較的新しい入試制度

2015年度まではマネジメント創造学部のみで、2016年度は経済学部を除く7学部で実施されていた公募制推薦入試。 2017年度入試からは、全学部で実施されています。 公募制推薦入試は2段階で実施され、第1次選考では学力試験が、第2次選考では面接が行われます。

志望理由書や自己推薦書が必要

近畿大学や京都産業大学の公募推薦入試とは異なり、甲南大学の公募制推薦入試では、志望理由書や自己推薦書の提出が求められます。 志望理由書や自己推薦書は、選考材料の一つ。 学校や塾などで添削を受けて、第三者が見ても意味の通る、納得できる書類を完成させましょう。

公募制推薦入試の日程

2019年度入試での出願期間は、10月23日(火)から10月29日(月)の7日間。(29日消印有効) 試験は第1次選考が11月10日(土)に、第2次選考が12月1日(土)または2日(日)に行われます。 合格発表は12月7日(金)に行われます。
甲南大学の公募推薦入試(日程)

各学部の公募制推薦入試

第1次選考では、筆記試験が課され、第2次選考では、個別面接が課されます。 甲南大学の公募制推薦入試

マネジメント創造学部 マネジメントコースの公募制推薦入試

マネジメント創造学部マネジメントコースの入試は、英語評価型と数学評価型の2方式。 第2次選考で面接(100点)が課されるのは同じですが、第1次選考で英語評価型は英語(100点)の試験が、数学評価型は数学(100点)の試験が課されます。 英語評価型と数学評価型は併願可能です。
甲南大学の公募制推薦入試(マネジメントコース)

マネジメント創造学部 特別留学コースの公募制推薦入試

マネジメント創造学部特別留学コースの受験には、TOEFLやTOEICの点数など自らの英語力を証明する資格が必要です。 試験は外国語と面接。 面接は、日本語と英語の両方で行われます。 マネジメントコースと特別留学コースの併願はできません。
甲南大学の公募制推薦入試(特別留学コース)

甲南大学に公募制推薦入試で合格するには?

2018年度入試での第1次選考の合格者数は264名。 最終合格者数は233名。 第2次選考で落ちることは少ないため、第1次選考を通過できるかどうかがカギとなります。 大学のイベントで配られる公募制推薦入試の過去問を用いて演習を重ねましょう。

この記事に関連する記事

甲南大学の前期日程 3分間で概要がつかめます
甲南大学の後期日程 3分間で概要がつかめます
近畿大学の公募推薦入試 3分間で概要がつかめます

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

このページの情報は、平成31年度入試向けの情報です。
正確な情報は、甲南大学公式サイトよりご確認ください。

▲ページトップに戻る