> > 大阪教育大学の小論文

大阪教育大学の小論文

大阪教育大学の小論文

小論文を課す学部・日程

大阪教育大学で小論文の試験が課されるのは、以下の学部・日程です。
【教員養成課程】
幼稚園教員養成課程(前期)、教育科学専攻(前期・後期)、国語教育専攻(前期)、社会科教育専攻(前期・後期)、理科教育専攻(後期)、家政教育専攻(前期)、特別支援教員養成課程(前期・後期)、養護教諭養成課程(前期)、第2部(夜間)小学校教員養成5年課程(前期・後期)
【教養学科】
人間科学専攻(前期・後期)、文化研究専攻(日本・アジア言語文化コース、社会文化コース)(前期)、健康生活科学専攻(前期)、芸術専攻(芸術学コース)(前期・後期)

教育科学専攻(後期日程)の小論文


大阪教育大学教員養成課程教育科学専攻後期日程の小論文は、2題構成。 設問1は教育学、社会学などに関する文章を読んで、著者の見解の要約と自身の意見を論述する問題です。 設問2は教育に関するグラフなどの資料から、読み取れることをまとめ、自身の意見を論述する問題です。 それぞれの論述量は、約600字です。

【 過去の出題例 】
高校中退者の意識調査の棒グラフから読み取れる特徴を述べ、高校中退者支援について自身の意見を600字以内で論じる。
(2014年度・設問二)

社会科教育専攻(後期日程)の小論文


大阪教育大学教員養成課程社会科教育専攻後期日程の小論文は、1題構成。 2012年度以前は2題構成でしたが、2013年度、2014年度は1題構成でした。 国勢調査などの資料から、読み取れることをまとめ、問題点などを論述する問題や、 社会学、心理学に関する文章を読み、自身の意見を論述する問題が出題されます。 論述量は、どの形式の問題も600字から800字です。

【 過去の出題例 】
第二次世界大戦以降の小学校、中学校、高校の在学者数の推移のグラフから、共通点、相違点を述べ、その原因となる社会的背景を論じる。
(2014年度・設問)

理科教育専攻(後期日程)の小論文


大阪教育大学教員養成課程理科教育専攻後期日程の小論文は、1題構成。 科学実験や研究に関する資料や文章を読んで、3、4問の問題に答える形式です。 資料から読み取れる内容を説明する問題や、実験結果や研究報告の考察を論述する問題、実験装置の図示問題が出題されます。 論述量は問題によってばらつきがあり、説明問題の場合は50字から500字、考察を論述する問題の場合は150字から1000字です。

【 過去の出題例 】
身近な材料を用いた静電気の実験装置を図示し、そのしくみを500字以内で説明する。
(2012年度・問4)

特別支援教育専攻(後期日程)の小論文


大阪教育大学教員養成課程特別支援教育専攻後期日程の小論文は、1題構成。 障害者に関する文章などを読んで、筆者の見解をまとめ、自身の考えを論述する問題です。 障害を持つ児童、学生に対して、教育の場でどのように対応するかなどが多く問われます。 論述量は、600字から800字です。

【 過去の出題例 】
著者の体験をもとに、障害者への支援について600字から800字で論じる。
(2014年度・問)

第2部(夜間)小学校教員養成5年課程(後期日程)の小論文


大阪教育大学教員養成課程第2部(夜間)小学校教員養成5年課程後期日程の小論文は、1題構成。 教育学や児童心理学などに関する文章を読んで、自身の意見を論述する問題です。 2013年度以前は意見論述問題1問のみの出題でしたが、 2014年度では、それに加えて課題文の題名を20字程度でつける問題が1問出題されました。 論述量は、約800字です。

【 過去の出題例 】
「まじめ」について、筆者の意見をまとめ、自身の意見を600字から800字で論じる。
(2010年度・問)

教養学科人間科学専攻(後期日程)の小論文


大阪教育大学教養学科人間科学専攻後期日程の小論文は、1題構成。 社会学などに関する文章を読んで、文章の要約と自身の考えを論述する問題です。 2014年度では、複数の資料や参考文献が掲載され、資料を的確に整理する力が問われました。 総論述量は、800字程度です。

【 過去の出題例 】
文章を要約し、「自分の考えをもつ」ことの難しさについて、自身の意見を800字以内で論じる。
(2013年度・問)

教養学科芸術専攻専攻芸術学コース(後期日程)の小論文


大阪教育大学教養学科芸術専攻芸術学コース後期日程の小論文は、2題構成。 芸術に関するテーマが与えられ、それについて自信の意見を論述する問題が多く出されますが、 年度によって特徴のある問題が出されることもあります。 2010年度は、5分ほどのビデオ作品を見て批評する問題が出題されました。 2013年以前は2題構成でしたが、2014年度は1題のみの出題でした。 字数指定はなく、自身で考えて論述する必要があります。

【 過去の出題例 】
芸術作品や作家の個性・独自性について、自身の考えを論じる。
(2013年度・設問2)

この記事に関連する記事

小論文の書き方@ 小論文事始め 大学受験の小論文対策
小論文の書き方A 敵を知る 大学受験の小論文対策
小論文の書き方B 小論文の文章術 大学受験の小論文対策

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

正確な情報は、大阪教育大学過去問等によりご確認ください。

▲ページトップに戻る