> > 甲南大学の後期日程

甲南大学の後期日程

甲南大学の後期日程

甲南大学の一般入学試験には、前期日程、後期日程、センター併用型、センター利用型などの受験型が存在します。 このページでは、このうち英語1教科で受験できる後期日程について紹介します。

受験日は3月

平成29年度入試では、後期日程試験は、3月5日(日)に実施されます。 出願締め切りは2月23日(木)なので、関関同立前期入試の結果を見てから出願することができます。

甲南試験日程

※ 窓口出願は、2月24日(金)のみ受け付けています。

文系学部の試験科目

マネジメント創造学部を除く文系学部(文学部、経済学部、法学部、経営学部)の試験は、英語1科目。 経済学部、法学部では、高校の評定値も点数化されます。

甲南文系受験科目

マネジメント創造学部の試験科目

マネジメント創造学部の試験は、マネジメントコースが英語と小論文、特別留学コースが英語と面接です。 小論文は日本語の課題文を読んで論述する問題です。

甲南マネ受験科目

理工学部の試験科目

理工学部の試験は、物理学科が英語、数学、面接、機能分子化学科が英語、小論文です。 理工学部生物学科、知能情報学部、フロンティアサイエンス学部には後期日程はありません。

甲南理系受験科目

合格最低点は大きく変動

甲南大学の後期日程の合格最低得点率は、年度、学部、学科により大きく異なります。 平成28年度入試での合格最低得点率は、文学部で約79%、経済学部で約74%、法学部で約76%、経営学部で約79%、マネジメント創造学部で約67%、理工学部で約62%でした。
(数字は、平成28年度入試後期日程での平均値)

この記事に関連する記事

甲南大学の前期日程 3分間で概要がつかめます
近畿大学の後期日程 3分間で概要がつかめます
大学入試国語の出題傾向 記述問題、古文、漢文の有無が確認できます!

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

正確な情報は、甲南大学公式サイトよりご確認ください。

▲ページトップに戻る