> > 神戸大学の小論文

神戸大学の小論文

神戸大学の小論文

小論文を課す学部・日程

神戸大学で小論文の試験が課されるのは、以下の学部・日程です。
【 文系学部 】 文学部(後期)、国際人間科学部(後期)、法学部(後期)
【 理系学部 】 理学部(後期)
※ 国際人間科学部環境共生学科は文科系受験の場合のみ小論文が課されます。

文学部(後期日程)の小論文


神戸大学文学部の小論文は、1題構成。 社会学、歴史学、芸術論などに関する文章を読んで、3問の問題に答える形式です。 問1、問2は、文章の内容理解を問う問題、問3は、自身の考えを論述する問題です。 2017年度入試での配点と論述量は、問1が40点、250字以内、問2が60点、300字以内、問3が100点、800字以内でした。

【 過去の出題例 】
「制度化された科学の諸問題」について、自身の考えを800字以内で論じる。
(2013年度・問3)

国際人間科学部グローバル文化学科(後期日程)の小論文


神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科の小論文は、1題構成。 文章を読んで、3問の問題に答える形式です。 問1、問2は、文章の内容理解を問う問題、問3は、自身の考えを論述する問題です。 2017年度入試での配点と論述量は、問1が40点、200字以内、問2が40点、200字以内、問3が120点、1000字以内でした。

【 過去の出題例 】
共通知識の形成について、具体例を挙げつつを1000字以内で論じる。
(2017年度・問3)

国際人間科学部発達コミュニティ学科・環境共生学科・子供教育学科(後期日程)の小論文


神戸大学国際人間科学部発達コミュニティ学科・環境共生学科・子供教育学科の小論文は、1題構成。 文章を読んで、4問の問題に答える形式です。 問1〜問3は、文章の内容理解を問う問題、問4は、自身の考えを論述する問題です。 2017年度入試での配点と論述量は、問1が30点、100字以内、問2が30点、100字以内、問3が70点、300字以内、問4が120点、600字以内でした。

【 過去の出題例 】
学びの場で「科学的言語」と「『わざ』言語」がどのように使われるべきか、600字以内で論じる。
(2017年度・問4)

法学部(後期日程)の小論文


神戸大学法学部の小論文は、法律、政治に関する数点の資料を読んで、与えられた問題に答える形式です。 問題は1問で、論述量は1000字程度です。 資料を読み込むことは必要ですが、単なる資料のまとめに終わるのではなく、資料から読み取れることを論理的にまとめあげなくてはなりません。 また日ごろから、時事問題について見識を深めておく必要があります。

【 過去の出題例 】
小泉政権が各種改革を実行できた要因について、1000字以内で論じる。
(2010年度)

理学部(後期日程)の小論文

現在制作中です。しばらくお待ちください。

この記事に関連する記事

入試分析(神戸大学) 神大入試の傾向と対策
大阪大学の小論文 詳しい傾向と対策
小論文の書き方@ 小論文事始め 大学受験の小論文対策

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

正確な情報は、神戸大学過去問等によりご確認ください。

▲ページトップに戻る