> > 甲南大学の前期日程

甲南大学の前期日程

甲南大学の前期日程

甲南大学の一般入学試験には、前期日程、後期日程、センター併用型、センター利用型などの受験型が存在します。 このページでは、このうち最も募集人数が多い前期日程について紹介します。

受験日は自由選択制

平成28年度入試は、2月1日(月)から4日(木)の4日間。 各日程、1学部1学科のみに出願でき、複数日受験することも可能です。 つまり、最大で4回受験のチャンスがあることになります。

甲南試験日程

※ 窓口出願の締切日は、1月21日(木)です。 ※ 学部学科により試験日は異なります。

文系学部の試験科目

文系学部(文学部、経済学部、法学部、経営学部、マネジメント創造学部)の試験科目は3科目。 英語と国語が必須、もう1科目は世界史、日本史、数学から選択できます。 数学の問題は、数学T、数学U、数学A、数学B(数列・ベクトル)から出題されます。 各科目の配点は学部ごとに異なります。

甲南文系受験科目

理系学部の試験科目

理工学部の試験科目は英語・数学・理科の3科目。理科は物理、化学、生物の中から選択できます。 これに加えて、物理学科には、受験した3科目のうち2科目(数学・理科)の点数で判定を行う「2教科判定方式」もあります。 (2教科判定方式のみの受験はできません。)

知能情報学部とフロンティアサイエンス学部の試験方式は、3教科型と2教科型の2方式。 3教科型の試験科目は、英語、数学、理科。 2教科型の試験科目は、知能情報学部が英語と数学、フロンティアサイエンス学部が英語と理科です。 数学の出題範囲は、学部学科によって異なります。

甲南理系受験科目

合格最低点は約6割

甲南大学の前期日程の合格最低得点率は、学部、日程により異なりますが、おおよそ60%前後です。 平成27年度入試での合格最低得点率は、文学部で約59%、経済学部で約61%、法学部で約55%、経営学部で約60%、マネジメント創造学部で約58%、理工学部で約48%、知能情報学部で約49%、フロンティアサイエンス学部で約59%。 マネジメント創造学部を除く学部で、昨年度よりも合格最低得点率は大きく下がりました。(数字は、平成27年度入試前期日程での平均値)

この記事に関連する記事

甲南大学の後期日程 3分間で概要がつかめます
入試分析(近畿大学) 近大入試の傾向と対策
大学入試国語の出題傾向 記述問題、古文、漢文の有無が確認できます!

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

このページの情報は、平成28年度入試向けの情報です。
正確な情報は、甲南大学公式サイトよりご確認ください。

▲ページトップに戻る