> > 仁川学院高校 徹底分析

仁川学院高校 徹底分析

仁川学院高校 徹底分析

特進S、特進T、進学の3コース


仁川学院高校は、中高一貫の「一貫選抜コース」を除いて3コース制。 難関国立大を目指す「特進Sコース」、国公立大や関関同立などを目指す「特進Tコース」、関関同立や産近甲龍などを目指す「進学コース」の3コースで募集を行っています。

仁川駅、甲東園駅から徒歩6分

仁川学院高校は、阪急仁川駅から南へ徒歩6分、もしくは、阪急甲東園駅から北へ徒歩6分。 西宮市の閑静な住宅街の中に位置しています。 生徒の多くは西宮市や神戸市から通学。 宝塚市、尼崎市、芦屋市からの通学者も少なくありません。

国公立大学合格者数が増加中


国公立大学への合格者数は、既卒者を含め、平成25年度10名、平成26年度19名、平成27年度21名と徐々に増加してきています。 また関関同立への合格者数も増加傾向にあり、平成27年度には関西大学・関西学院大学の合格者数が過去最高となりました。

学内予備校で塾いらず

仁川学院高校が力を入れているのが、学内予備校。 放課後の時間帯にプリント代のみで受講できる補習授業です。 さまざまな講座が習熟度別に設けられており、学習塾に行かずとも大学受験に向けた勉強が進められそうです。

研修旅行ではイタリアへ

授業外での注目すべきプログラムは、入学後すぐに行われる「比叡山研修」と高校2年生の冬に行われる「イタリア研修旅行」。 「イタリア研修旅行」では、約1週間をかけてローマやフィレンツェを訪れ、イタリアの文化や歴史に触れることができます。

入試は3教科または5教科

入学試験は特進Tコース、進学コースが3教科。 特進Sコースは3教科型か5教科型かを選択することができます。 面接が課されるのは専願者のみ。 特進Sコース、特進Tコースの受験者が近年は大きく増えてきています。

 

この記事に関連する記事

宝塚市の公立高校 定員・進学実績等を紹介
宝塚北高校 徹底分析 北校の詳細情報を掲載
雲雀丘高校 徹底分析 雲雀丘の詳細情報を掲載

 このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

正確な情報は、仁川学院公式サイトよりご確認ください。

▲ページトップに戻る